10月18日 日曜日 晴天

201416710816毎年、いまごろになると

つるし柿を作ります。

 

今年は夏の日照りが

きつかった故

柿の実の熟れるのが

ちょっと早くて

殆どが黄色に成ってしまっている。

 

この渋柿は大きなりんごの様で

直径8糎ぐらい。

大変珍しい種類です。

 

渋柿は包丁でひとつずつ皮を剥き

1個ずつ紐で結んで5個並べて吊り下げて

廊下の外側の軒下にぶら下げ寒い霜降りを待つと

味のよいつるし柿ができる。

 

昔は周辺でも各家庭の軒先につるし柿の干した姿を

多く見かけましたが、

最近は姿を消してしまい淋しいことです。

 

私の作ったつるし柿は曾孫の

ななみさんや、ひとみさんが待っていてくれるだろう。

たしか味は最良のものだと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*